タイムレコーダーを安くで手にしよう

会社等で働いている人には非常に身近な物、それがタイムレコーダー。タイムレコーダーって何?そう思う方もいるかもしれませんが、実は誰でも知っているようなものの名前なのです。そう、あなたが出勤時に自身の氏名と出勤記録が記入されているカードを通すものです。カードに出勤時間等の細かな記載を自動的に処理してくれる機械のことをタイムレコーダーといいます。実はこのタイムレコーダー、以外と高いんですよね。一昔前なら軽く5万は越えようかというくらいのものでした。しかし、現在ではかなりの低価格で購入することができます。一番安い価格で購入するならオークションでしょう。上手く落札することができれば3000円~5000円では落札することができます。なぜ、このような低価格で購入できる時代になったのでしょうか?それは、タイムレコーダーの機能がより詳細になっていること、供給が進んで市場価格が下落していること等の理由もありますが、一番の理由としては、タイムレコーダー以上の機能をもったツールの出現でしょう。現在ではタイムレコーダーを利用しないでコンピューター上で勤怠管理をする企業が増えています。その反面で、タイムレコーダーの売れ行きが落ち、安値で購入することができる時代となっています。

価格重視のタイムレコーダーは少人数のところ

起業をしたときは、自分ひとりが従業員ということもあります。それが徐々に人が増えていくということになります。営業担当者や、開発担当者などを採用していくということになります。最初のほうは仲間同士、友達同士のような感覚がありますが、どんどん年齢などもいろいろな人がはいってきます。年下ということもあれば、年上ということもあります。となると、あまり友達感覚というわけにはいきません。早めに会社組織としての意識を持つ必要があるでしょう。給料などにおいても、固定性などではなく、働いた量にあわせた支払いにしていく必要があります。少人数で行っているという場合においては、当初は時間の管理などは自己申告で行うことがあります。でもきちんとしたシステムで行うほうが公平性があります。そのときに導入したいのが価格重視のタイムレコーダーということになります。システムにおいては、性能を重視するということもあります。しかしその場合、10万円以上するものもあります。そこまでして管理をする必要があるかということです。安いものでしたら1万円台のものがあります。こちらにおいても、時間の管理をするには最低限の機能がついていますから、問題はないということです。