タイムレコーダーで正確な勤怠管理をしてみよう

会社では、人を雇って仕事をしてもらっています。それによって、会社経営が成り立っているのです。しかし、従業員には仕事をした分の賃金を支払う必要があります。その勤怠管理に最適なシステムがタイムレコーダーです。このシステムを利用すれば、分単位まで正確な勤務時間を把握する事が可能です。従来のアナログ式では、従業員本人がタイムカードと呼ばれる専用のカードを挿入して打刻していました。勤務開始から勤務終了までの時間が算出できるので、給与計算に大きな役割を果たしているのです。具体的な手順としては、担当者がタイムカードを回収して、その勤怠情報を確認してから給与計算をします。


しかし、それでは、担当者が給与計算にかかりきりになるデメリットがあります。不正打刻について確認したり、データを記入したりする手間があるからです。データ入力における数字ミスを防ぐ為、データを再確認する時間も必要でした。その問題点を解決する為に、デジタル式のタイムレコーダーが登場したのです。パソコンと連動する機種も多く、データ入力の手間がなくなったのは大きなメリットです。さらに、IDカードと連動する事で、入退室と同時に勤怠記録を残すシステムも出てきたのです。これならば、勤怠情報の入力を忘れる事がないので、より正確な勤怠管理になります。


それから、本人以外の不正入力を防止する為に、指紋認証を行うタイプもあります。自動的に勤怠情報が入力されて、不正ができない仕組みであるのなら、入力された勤怠情報をそのまま扱う事も可能でしょう。現在では、複数の場所に支社がある会社も多いです。インターネットを通してネットワーク化できる勤怠管理システムもあるので、必要に応じて導入してみる事をお勧めします。一元管理ができれば、それまでの勤怠管理が大幅に省力化されます。データベースによって、リアルタイムで勤怠情報を確認する事もできるので、経営判断における資料としても有効です。極端に負荷が増加している部署がすぐに分かるので、経営資源の適切な再配分もできるのです。ただし、システム導入はそれなりの費用がかかります。従来のアナログ式は安価なので、小規模な職場ならこちらで十分でしょう。アナログ式であってもパソコン接続はできるので、迅速な給与計算ができます。給与計算ソフトと組み合わせれば、よりスマートに給与を支給できるでしょう。初めて時間給で人を雇うような状況なら、まずはアナログ式とパソコンによって勤怠管理をする方が確実です。